【営業のコツ617】「無意味な美形」

【営業のコツ617】「無意味な美形」

先日、主人といっしょにパーティーにいきました。

パーティー途中で、美人で有名なBさんと

何回も出くわし、いっしょに写真も撮りました。

ところが、パーティーが終わって帰るときに

主人が「今日はBさん来てなかったね!」と言ったのです!

IMG_4921

 

「えっ??来てたじゃない!

4回も会ったじゃない!」と私が言うと、

「えぇ~?気づかなかったな」と主人。

 

いったいどういうことでしょうか?

顔が美人なだけの人なら、この世にいっぱいいるんです!

 

Bさんは、強烈な個性がないので

顔がきれいなだけで、パーティーの中で完全にかすんでいた、

というわけです。

親からもらう顔はきれいに越したことはありませんが、

それだけでは人の記憶にも残れない、

ということなんですね。

外見も中身もちょっとヘ

ンで、意表をつくくらいでちょうどいい!

って、私は思います。

記憶に残らない美形よりも、

一生忘れられない強烈

な個性の持ち主の方が

魅力的だしビジネスも成功します!

 

 

「営業のコツ」バックナンバーはここからゲットできます!

http://yoshinomayumi.com/mailmag/