【営業のコツ651】ビジョンと目標の違いとは?

【営業のコツ】ビジョンと目標の違いとは?

こんな企業がありました。

営業マン自身に

毎月目標設定してもらうのですが、

その目標がとんでもなく高いのです。

 IMG_7551

「今月は800万円売ります!」などと公言させ、

結果は、

「260万円の売上でした・・・」

みたいなことが全員、毎月のように続きます。

 

これでは負け癖がつきませんか!?

何かがおかしいと私は感じました。

 

なぜこんなことをしているのか尋ねたところ、

「だって、目標は

高いほうがいいに

決まってるじゃないですか?」

という答えが返ってきました。

 

「『棒ほど願って針ほど叶う』って

言いますよね!?

大きく高い目標を設定するから、

それに応じて得られるのでは?」

 

あなただったらどう答えますか?

 

私はこれに対して

「ビジョンと目標をはきちがえちゃいけません」

と、答えました。

 

続けて、

「ビジョンとは、将来あ~なりたい、

こうなりたい!

こんな自分になりたい!

○○が欲しい!といった

将来の具体的イメージです。

ですから、ビジョンは壮大な方がいい。

 

でも、それに対して目標は、

ビジョンを実現するための

毎月や毎週のステップであり、

 

数字を含み、地に足がついた、

現実的に達成可能で

かつ、チャレンジングなものを設定し

 

これを確実に毎回クリアしていくことで

自信をつけるべきです。」

と、答えました。

 

ビジョンと目標は、どちらも大事!

 

壮大なビジョン、そして

それを実現するための、

地に足がついた目標設定、

このふたつが求められています。

 

自分自身の「ビジョン」と「目標」

明確ですか?

 

 

「営業のコツ」バックナンバーはここからゲットできます!

http://yoshinomayumi.com/mailmag/

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

 

 

This entry was posted on 2014年5月16日, in 日記. Bookmark the permalink.