【営業のコツ654】お客さんの心にしみる話し方 

【営業のコツ654】お客さんの心にしみる話し方 

140623困ったシーン装丁デザイン化け物みたいに売れる

トップセールスを観察していて

わかったことがあります。

それは、お客さんの

「心の中の言葉で伝える」

ということなんです。

内言語といって、人はみんな

心の中でおしゃべりをしています。

その内言語をプレゼンにあてはめるのです。

たとえば・

「興味を持たれたことございますか?」

と聞くのをやめて、

「『いいなぁ、やってみたいなぁ』、と

思ったことってありますか?」と

尋ねたところ

強い反応が帰ってきました。

また、

「後悔しないように決断をしてください」

と言うのをやめて、

「後になってから、

『あの時、やっておけばよかったかなぁ』

と思っても、

時間をまきもどして

やりなおすことはできないんですよね」

と言ったところ、

決断していただけました。

お客さんの、心の言葉で伝える、

これは

超トップセールスだけがやっている

秘密のテクニックです。

あなたのプレゼンにもとりこんでみませんか?

 

 

すでにお求めになりましたか?

新著「結局、好かれた者勝ち! 困ったビジネスシーン別 会話術」

たいへんご好評いただいてます。

アマゾンでのお求めはこちら

http://www.amazon.co.jp/dp/4756917062

 

 

This entry was posted on 2014年6月30日, in 日記. Bookmark the permalink.