Archive | 9月 2012

「大きな会社に平気で売り込め」

【営業のコツ458】

「大きな会社に平気で売り込め」

という題材を掲げます。

その裏付けとは!?

私が20代前半の駆け出し営業だった頃、尊敬する中小企業のM社長が教えてくれたこと。

「自分がいかにちっぽけでも、新人でも、大きな会社に売り込んでいいんだよ!
大きな会社は、大きな会社からしか買わないと思われがちだけど、そんなことはない!
大きな会社も、小さな会社と取引するんだ。
それに、大きな会社は、優秀なベテラン営業マンからしか買わないと思われがちだけど、そんなことはない!新人からだって買うんだ!
大きな会社に平気で営業かけていいんだよ!」。

このひとことに、私は「そうなんだぁ~!」といたく感銘をうけ、新人のころから世界的な大手金融機関を相手に営業してきました。

そして実際取引をしてもらえたのでした。

壁って自分の心の中にあるんだな、って気づかされた出来事でした。

「小さなことを喜ぶ」

【営業のコツ456】

「小さなことを喜ぼう!」

これが今日の提案です。

どういうことでしょう?早速みていきましょうね。

ある社長の話しです。

口癖は「それじゃダメだ!」 「もっとがんばってよ!」でした。

社員さんたちは、がんばっても、がんばっても認めてもらえず、次第に無表情になっていきました。

私は逆の考え方なんで す。

もちろん営業活動は成果を出すためにやっているんですが、成果のためには、小さな行動、小さな成果を積み重ねるしかないんです。

で、私はスタッフの小 さな行動、小さな成果をほめて、共に喜ぶようにしていました。

「アポ1件取れたんだ!やったね、おめでとう!」、「クロージングで5つのポイント全部お話できたんだ!きっと契約になると思うよ!」みたいに。

すると、小さな成果を共に喜び、積み重ねた結果が売上を20倍にしていったのでした。

小さなことを日々喜びながらやっていきましょうよ!

でないと営業なんてやってられませんよ。

吉野真由美からの提案「人は見た目で判断しよう!」

【営業のコツ455】

「人は見た目で判断しよう!」

吉野真由美からの提案です。

普通はタブーとされていることかもしれませんが何故?

今日は「人は見た目で判断しよう!」というテーマで深堀していきますね!

20歳までは、外見は親からもらったものがほとんどでしょうが、20歳をすぎれば、生活習慣と考え方が間違いなく外見に表れます。

それは年々、割合を増してきます。いつも笑顔の人は、笑いジワができるかもしれませんが、年とともに福相になっていくでしょうし、また、不平不満の塊のような人は、口がへの字の陰鬱な顔になっていきます。

また、日常的に甘い ものを食べるのが習慣の人は、歯が傷んでくるでしょうし、逆に、食事にこだわり歯を大事にする人は、キレイな口元を保てるでしょう。

日々、自分がやってる こと、考えていることが自分の外見を作ります。

堂々と人に会える自分でいるためにも、日々の考え方と日常の習慣から手入れしていきたいものです、ちょっと たいへんではありますが。

自戒をこめて。。

「デートと接待に共通するもの」って何だと思いますか?

【営業のコツ452】

「デートと接待に共通するもの」って何だと思いますか?

それは、単純な答えですが「食事をする」ってこと。

この単純な答えにこそ深い中身があります。

まったく何も食べないデート、食事抜きの接待って、ありえないって思いません?

人と人が仲良くなるときには、「いっしょに食事をする」って 大切な要素ですよね。

思い切って、お客さんを食事に誘ってみませんか?

まずは手軽なランチからでもいいですね。

私は、商談がまだ決まってない段階でもお客 さんにランチをもちかけ、その席で、紹介をいただき、そこから大きくビジネスが広がったという成功体験があります。

普段聞けない話がきけたり、思わぬ展開 があるかも。

楽しみです!