Archives

営業のコツ!○○○○でちょうど良い!

千葉裕幸さん主催の横浜ベイサークルのサマーパーティーが、
華々しく開催されました!
スペシャルベストとしてスピーチをさせていただきました。
たくさんの反響ありがとうございます!
 
今回、私は「あるメッセージ」を発信したいと思い、
このお花のドレス、お花のティアラでらせん階段に立ちました。
私が発信したかったメッセージとは、
↓↓↓
↓↓
「『やりすぎ』でちょうど良い!」でした。
どちらかというと、アホみたいに派手、
きれいかどうか?は別にして単純に目立つ、
っていうのは、
自分の殻をやぶるきっかけになると思います。
 
「そんなことやるの?恥ずかしい~!」っていうのは、
ビジネスの発展、プライベートでの活動の
さまたげになりますからね。
 
目立つと当然、
出会いもコミュニケーションも増えます。
人と会話しながら、気づきも多く得られます。
今回も、たくさんの出会い、会話が充実していました。
 
「『やりすぎ』でちょうど良い!」を
テーマにしてみませんか?
パーティーだけじゃなくって、平素の活動から。
吉野真由美の↓「営業のコツ」受取はこちらから
 
P.S.松崎元気さん、
今回も素敵なお写真
たくさん撮っていただきありがとうございます!
元気さんの写真は、
いつもイキイキした表情を
とらえていてびっくりさせられます!

プレゼン・営業のコツ vol.3 恋人を見るように・・・

吉野真由美の営業のコツ
vol.3 恋人を見るように・・・
————————————————
愛し合ってる恋人たちは、
よく視線が交錯する、というでしょう。

 

それと同じで、売れる営業ほど
お客様とよく目を合わせます。

 

 

 

 

「良くなっていただきたい」という気持ちを込めて、
恋人を見るように、
お客様の目を見て話そう!

時々、「あまり目を合わせるのは、はばかられるから
お客様の鼻を見て・・・」という人がいますがどうでしょう。

恋人だったら目を見て話すのです。
お客様に対して心をこめてお伝えするなら
愛ある目線が良いと思うのです。

【24時間プレゼント】

ビデオ講座「人を惹きつけるトーク術」(52分)の

受取は↓こちらから
http://www.yoshinomayumi.com/spring/

営業のコツ vol.2  テレアポの基本は・・・

吉野真由美の営業のコツ
vol.2 テレアポの基本は・・・
————————————————
テレアポが営業のスタートになることが多いけど
電話ってむずかしい!
だって会うよりもっと本心が伝わってしまうから!

嫌々やっている気持ちや、
自信のなさそうな態度、
めんどくさい気分・・・

それが伝わったら、どんなに量をこなしても
成果が出ないでしょう。

逆に、
「本心からお伝えしたい!」
「お目にかかりたい!」

と思い、心をこめて、一生懸命お話すると、
それも伝わります。

息づかい、声のトーン、思いやり、根気良さ、
すべてが情報になって相手に伝わるんです。

だから私は電話する時、
会うよりさらに相手を思い、
最高に心をこめ思いっきり笑顔でかけるのです。

するとおもしろいことに、
電話の向こう側の相手も、
私をじゃけんに扱わなくなりました。

「会うよりもっと心を込めて!」が
テレアポ成功の基本です。

すぐ実践できる!吉野真由美の「営業スキル」をお届けしています。
お受け取りは↓こちらから
http://yoshinomayumi.com/mailmag/

【営業のコツ668】営業で必須の3つの交渉とは?

【営業のコツ】営業で必須の3つの交渉とは?

よくちまたで言われます、

「営業ができたら、

どんな仕事でもできるよ!」って。

確かにそうだと思います。

IMG_9129

 

なぜ、

営業ができたら、何でもできるのか?

それは・・・

 

 

 

 

営業とは、

難しい3つの交渉を

おこなわなければならない仕事だから。

しかも、同時に、

限られた時間の中で。

営業でやらねばならない3つの交渉とは・・・

1,  「やる!」という決断

2,  「やるなら今しかない!」という決断

3,  「頼むならあなたしかない!」という決断。

いかがでしょう。

3つの交渉できてますか?

 

 

【大阪】11月6日19時~

経営勉強会

「小企業だからこそ実現できる「競わない」経営」
~狭小な市場を自ら創り、こっそり独壇場とする~

講師、㈱SEIUNDO 代表取締役 田畑良一、吉野真由美

https://www.facebook.com/events/286171794904715/

 

 

【東京】11月10日(月)19時~21時、

「新規開拓の鉄人」

講師、MDRT会長(2006年度)㈱ボンヌ 代表取締役 河村昭代、吉野真由美

https://www.facebook.com/events/613345125441458/

 

 

【名古屋】11月22日(土)18時半~20時半

「営業で確実に目標達成する技術」

https://www.facebook.com/events/292631510935662/

 

 

【大阪】12月1日(月)19時~21時

経営勉強会「ビジョン経営」~思ったことは成る!~

https://www.facebook.com/events/318389315015279/

 

 

 

【福岡】12月10日(水)19時~21時

「売上アップの秘訣はコミュニケーションにあり!」

~みるみる顧客が増える話し方・聞き方~

https://www.facebook.com/events/568583579910468/

 

 

 

【東京】12月21日(日)17時~20時

セミナー&パーティーin 銀座

「ホームページとソーシャルメディアを駆使し売上を倍増する法則とは?」
https://www.facebook.com/events/1493175844289170/

 

 

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

 

【営業のコツ667】ソフトに「NO!」を伝える技術

【営業のコツ667】ソフトに「NO!」を伝える技術

不本意なこと、無理な値引き交渉などに対して

「いいよ、いいよ、しょうがないね」と

迎合していても

良いことはひとつもありません。

 

IMG_8984

 

 

相手は、

「へっ、言ったもん勝ちだな!」と

ほくそえんでることでしょう。

 

 

 

嫌なことは嫌!

ダメなものはダメ!と

はっきり言いましょう。

 

しかし、それにしても

「言い方」というものがあります。

 

気持ち、感情といっしょに伝えると

ソフトに伝わり無理がありません。

 

「何をしたら、

自分はどういう気持になるのか?」

という伝え方がいいですね。

 

人の気持ちを害してまで

無理強いしたくないというのが人間ですので。

 

一例を上げますと・・・。

起業した当初のことです。

 

私は元々よくタクシーに乗っていたのですが、

ある時から移動はすべて地下鉄を使うようにしました。

 

すると、出資者がこう言ったのです。

「吉野さんが地下鉄に乗ると聞いて、

この人に出資してよかったなぁ~

と嬉しい気持ちになったよ!」

と。

つまり、出資者は

元々タクシーに乗ってほしくなかったんですね。

 

なるほど、こういう伝え方だと

自然だな、と思いました。

【東京】10月25日(土)18時30分~20時50分

”相手のYesを引き出すアサーティブ交渉術”、講師 山岡仁美

成功する金額交渉の極意~高単価で決める見積書の作り方~

講師 吉野真由美

https://www.facebook.com/events/329720857206651/

 

 

【大阪】11月6日19時~

経営勉強会

「小企業だからこそ実現できる「競わない」経営」
~狭小な市場を自ら創り、こっそり独壇場とする~

講師、㈱SEIUNDO 代表取締役 田畑良一、吉野真由美

https://www.facebook.com/events/286171794904715/

 

 

【東京】11月10日(月)19時~21時、

「新規開拓の鉄人」

講師、MDRT会長(2006年度)㈱ボンヌ 代表取締役 河村昭代、吉野真由美

https://www.facebook.com/events/613345125441458/

 

 

【名古屋】11月22日(土)18時半~20時半

「営業で確実に目標達成する技術」

https://www.facebook.com/events/292631510935662/

 

 

【大阪】12月1日(月)19時~21時

経営勉強会「ビジョン経営」~思ったことは成る!~

https://www.facebook.com/events/318389315015279/

 

 

【福岡】12月10日(水)19時~21時

「売上アップの秘訣はコミュニケーションにあり!」

~みるみる顧客が増える話し方・聞き方~

https://www.facebook.com/events/568583579910468/

 

 

 

【東京】12月21日(日)17時~20時

セミナー&パーティーin 銀座

「ホームページとソーシャルメディアを駆使し売上を倍増する法則とは?」
https://www.facebook.com/events/1493175844289170/

 

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

 

 

【営業のコツ663】お客さんがいない時に動いてどうする!

 

全然成果があがらない営業マンの特徴、

それは、

お客さんがいないときに電話する、訪問する、

です。

「そんな馬鹿なヤツいない!」と思いますか?

実は多くの営業マンはそうなんです。

 

医局に出入りするお薬の営業がいました。

平日の昼間、病院にいっても

全然医師に会えませんでした。

 

オペがある曜日を調べ、

朝7時に行くようにしたら、

医師に会えるようになりました。

 

私も同様です。

中小企業の社長に電話し、アポを取るに場合、

まず、社長が会社にいる時間帯を調査しました。

すると、

月曜日と金曜日の朝9時半~11時は、

社長が会社にいる確率が高いことがわかりました。

 

で、

その時間帯を徹底してアポ取りの時間にあてたのです。

みるみるアポが取れ、社長と面談でき

成果がどんどんあがりました。

 

事後談ですが・・・

私が月曜日の朝9時半から

社長あてに電話をかけようとしたところ

周りの人はものすごく反対したんですよ、

「月曜日の朝社長は忙しいだろうから

そんな時間に電話をかけたら

迷惑になり嫌がられるんじゃないか?」と。

 

でも、

いない人と話すことはできないんです。

 

相手がいるときに、

電話する、訪問する、が鉄則です。

 

 

「営業のコツ」バックナンバーはここからゲットできます!

http://yoshinomayumi.com/mailmag/

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

【営業のコツ660】選択と集中

【営業のコツ】選択と集中

なんとなく

3人のお客さんを回るより、

意図をもって、

ひとりのお客さんを3回訪問したほうが、

成果はあがります。

つまり、

「選択と集中」です!

ばく然と動くのは勧めません。

ピンポイントで選び、集中的に動きましょう!

 

「営業のコツ」バックナンバーはここからゲットできます!

http://yoshinomayumi.com/mailmag/

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

【営業のコツ659】楽しいと感じる時

【営業のコツ】楽しいと感じる時

どんな時、「楽しい!」と感じますか?

遊んでいる時?

美味しいものを食べている時?

それも楽しいですね!私も大好きです!

140809イラストの練習

私にとっての楽しいと感じる時ベスト3は・・・

1, 今までできなかったことができるようになった時

2, 仕事でイメージ通りに事が運んだ時

3, 旅行やダイビングなどで見たことのない景色に出会った時

楽しいと感じる事が

たくさん手に入る人生を目指しませんか?

それがすなわちハッピーライフだと思うのです。

 

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

【営業のコツ657】安かろう悪かろうの恐怖

【営業のコツ】安かろう悪かろうの恐怖

すでに十分お客さんは気づいているのです。

「安かろう、悪かろう」の怖さに。

極端な値下げの裏で、

想像以上の品質の低下があることに。

今こそ、

少々金額が高いことに対して

お客さんは、独特の安心感をもつ時代です。

値引き合戦から撤退し、

少し高くて上質な「安心感」を売ろう!

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/

 

 

【営業のコツ646】負けるもんかパワー

【営業のコツ】負けるもんかパワー

かねてからよく人に言われる言葉があります。

それは、

IMG_7151

 

「吉野さんがライバルです!」です。

「目標にしてます」ではなく、

「ライバルだ!」と言われ

るので

こっちはたまったもんじゃないと感じるのですが。

最近ふと気づきました。

「ライバルです」と言った人たちって

その後、なぜか幸せになっていないのです。

いっとき成果を出して良い状態だったとしても、

急に仕事をやめて雲隠れしてしまったり、

家庭がズタズタになっていたり・・・

不思議に思いました。

で、「なぜなんだろう??」と考えてみたところ

理由は、

人を意識し、

人に勝つことを目的にし、

「くそ~、負けるもんかぁ~!」みたいな、

負けん気で仕事をしているんですね。

そのため、

肩にへんな力がはいり、

無駄なこと、無意味なことに

手を出したりするのではないか?と。

そして、

本来あるべき「お客さん思い」の状態からは

逸脱して行動してしまったり、することが

問題なのではないか?と。

ライバルの方じゃな

ちゃんとお客さんの方むいて仕事するのがくって、

王道だな、ってつくづく思いました。

 

「営業のコツ」バックナンバーはここからゲットできます!

http://yoshinomayumi.com/mailmag/

 

営業大学とは・・・

http://yoshinomayumi.com/university/